丈六 戒光寺 . .
丈六会はこちら .
. .
.

本堂・内陣・境内のご案内


「戒光寺御陵衛士墓所」正面左から毛内監物・伊東甲子太郎・藤堂平助・服部三郎兵衛の墓碑。(石香炉・手水場は明治2年の墓碑建設時に毛内監物の出身・弘前藩から供えられたもの。)


◆御陵衛士の墓所
(元新撰組隊士)

戒光寺墓地には御陵衛士伊東甲子太郎以下4名の墓があります。
御陵衛士は戒光寺湛然長老の肝煎りによって組織され、新撰組参謀伊東甲子太郎以下15名が脱退参加しましたが、同年11月新撰組の威信のために襲われ伊東以下4名が暗殺され、壬生寺に葬られましたが、明治元年に戒光寺に改葬されました。

 

 


新撰組の中にあって、近藤勇・土方歳三派と伊東甲子太郎・山南敬助派に別れ、のちに幕府が新撰組を幕臣に取り立てようとしたので伊東甲子太郎達は勤皇派であった為、別の組織を作ろうとしました。
慶応2年12月25日(1867年1月30日)孝明天皇が崩御し、伊東は朝廷より尊皇大儀のために孝明天皇の御陵を警備するという名目で禁裏御陵衛士を拝命し、高台寺の塔頭月真院に最後の屯所を置いたため、後世、「高台寺党」とも呼ばれました。
しかし慶応3年11月18日(1867年12月13日)伊東は酩酊して帰営中、待ち伏せの新撰組隊士数名に襲われ七条油小路にて横死しました。享年32歳でした。
その後、伊東の死を聞いた御陵衛士は騒然となり、七条小路に彼の遺体を引き取りに来ますが、待ち伏せの新撰組数十名に包囲され、藤堂平助・服部三郎兵衛・毛内監物の3名が討死しました。


一般の墓参を禁止しておりました禁裏御陵衛士墓所の件につき、この度、一般の墓参を再開する運びとなりました。
禁止しておりました期間中に、多くの墓参再開を願うご意見を頂戴いたしました。残念なことですが、心から墓参を願い当山に相談され、それでも参拝がかなうわけでもなく残念な思いをされる方がいる中、遺族・当山の意思を無視し、勝手に墓所に入り込む不心得者が絶えたわけではありません。
そこで、ご遺族・御陵衛士関係者と相談の結果、御陵衛士墓所への墓参を希望する方には今後、墓所を維持していくためにも一定の条件をご理解いただいた上でご参拝いただくという事になりました。
また、これを機会に御陵衛士墓所に垣根をつけました。これは数十年前まであった垣根を復元したものです。
孝明天皇陵をお守りするために組織された御陵衛士たちが眠る墓所です。過去聖霊に敬意をもって手を合わせお参り下さい。

合 掌
2010年4月吉日
丈六 戒 光 寺
住職 渡 邊 恭 章



 
タイトル
御陵衛士墓所申込み
一般の墓参を禁止しておりました禁裏御陵衛士墓所の件につき、この度、一般の墓参を再開する運びとなりました。今後、墓所を維持していくためにも一定の条件をご理解いただいた上でご参拝いただけます。上記申込みをクリックし条件をご理解いただける方のみお申込みください。


タイトル

御陵衛士の墓所

ご祈祷受付

桜の名所

戒光寺ブログ
.
 
トップページ参拝・御祈祷受付本堂のご案内境内のご案内禁裏御陵衛士の墓所禁裏御陵衛士の墓参申込み年中行事交通のご案内お問い合わせ関連リンク
 
.
. .